バレーボールのポジションには、スーパーエース、エース(レフト)、センター、セッター、リベロ、ライトなどがあります。 スーパーエースは、とにかく攻撃に特化したプレイヤーです。 セッターの対角に位置して、どういう状況であがったトスでも、しっかりとスパイクして得点に繋げることが期待されます。 エース(レフト)はサーブカットが主な仕事ですが、ブロックやスパイクなんかも幅広くこなさなくてはいけない器用さが求められるポジションです。 センターはブロックと速攻を行うプレイヤーで、後衛には参加しないことが多いでしょう。 チームの司令塔でもあるセッターは、トスをあげるのが仕と言う事なのです。 近年では注目されることの多いリベロは、身長が高くなくてもできるただ一つのポジションなのです。 誰とでもいつでも交代できる反面、スパイクが打てないなどのプレイ上の制限があって攻撃には参加できない守備専門のプレイヤーです。 ライトの役割は、レフトアタッカーへのブロックとスパ(最近では、頭皮を洗ったり、マッサージするヘッドスパが人気ですね)イクで、地味だと思われがちですが、重要なポジションの一つですー