MENU

プロベラ ジェネリック

プロベラ ジェネリック

 

プロベラ ジェネリック通販-プロベラを安くご提供します。

 

女性ホルモンのひとつで、黄体ホルモンを補充する薬で有名なメプレート(プロベラ)ですが、中々の高額ですよね。

 

日本の薬局では、手に入りません。

 

かといって病院に行って購入するにも、手続きが面倒なものです。

 

病院で購入する場合

 

プロベラ2.5mgの薬価は1錠25.1円であるため、100錠だと薬代は2,510円になります。

 

診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ7,000〜8,000円になりますが、保険適用の3割負担でおよそ2,100〜2,400円になります。

 

ただし、血液検査や内診など何らかの処置を受けた場合は更に1,000〜数千円追加されることを留意してください。初診の場合は詳しく診察・検査されることがほとんどです。

 

およそ5,600〜7,000円程掛かります。

 

それが、ジェネリック通販だと、なんと 3,280円 ですみます。

メプレートの通販なら個人輸入代行のメデマート

プロベラ

 

 

プロベラジェネリックの効果

プロベラ ジェネリック

 

メプレートは生理不順や不妊症に効果のある「黄体ホルモン」を補う治療薬です。

 

女性の閉経前後はホルモンバランスが崩れやすく、それらは「黄体ホルモン」減少と大きく関係します。

 

「黄体ホルモン」が減少すると生理不順や無月経などになってしまします。

 

メプレートを服用する事で、「黄体ホルモン」を補いホルモンバランスを正常に導きます。

 

また「プレマリン」と併用する事により女性化を促進する効果があります。

 

メプレートの主成分メドロキシプロゲステロンは服用する事でホルモンバランスを整え、生理不順を改善します。

 

男性ホルモンの「アンドロゲン」を抑える働きがあり、月経異常や不妊症、流早産の治療にも効果的です。

ママ活に必要な60種の栄養を一つにしました。

 

ママオメガ

プロベラの副作用

メプレートの副作用は少ない方ですが、吐き気、乳房の張りや痛み、頭痛、倦怠感、むくみ(体重増加)、肌荒れ、不正出血、気分の落ち込みや不安感などの症状が報告されています。

 

ホルモンバランスの変化による症状が主であり、軽度であればさほど心配いりません。服用を続けていたら身体が慣れ症状が消えていきます。症状が重い場合や改善しない場合は早めに受診してください。

 

滅多に起こりませんが、メプレートに限らず女性ホルモン製剤全般で注意が必要な重大な副作用が「血栓症」です。

 

血栓症は血液の固まりが血管で詰まる疾患ですが、脳や心臓など生じる部位によっては大変危険です。手足の痛みや痺れ、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、突然の視力低下などの症状が血栓症の主な前触れです。メプレート服用後に何らかの明らかな身体の異常をきたしたら服用中止してすぐ受診してください。

 

その他重大な副作用として心不全、アナフィラキシーショック、乳頭水腫(視力の低下や消失,眼球突出,複視,片頭痛など)などが挙げられるので念のため注意してください。

禁忌・注意事項

黄体ホルモン剤に対してアレルギーを起こしたことのある方、 診断未確定の異常性器出血、乳癌・子宮癌などエストロゲンあるいはプロゲステロン依存性腫瘍及び既往歴、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓性疾患及び既往歴、稽留流産、肝臓病の方はメプレートを服用できません。

 

心臓病、腎臓病、糖尿病、てんかん、うつ病、片頭痛、喘息、ポルフィリン症、妊娠中、乳癌や子宮癌の家族歴のある方はメプレートの服用に慎重な注意が必要です。

 

メプレートと併用禁忌の薬は特にありませんが、何らかの疾患で薬を定期的に服用している方はメプレートの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。